ワイン大好きソムリエダンサー人参大臣のギリギリの生活をあることないこと織り交ぜながら配信中♪オフィシャルサイトe-j-c.com
 
<< あざみ野KIDSヒップホップ | main | 2回目終了 >>
モチベーション〜発表会にむけて
オレが始めた頃ヒップホップは珍しくて少数の限られた人がやるカッコいいダンスだった







今は誰もが一度はやってみるスポーツ







ダンス人口が増えていいことと悪いことがある







いいことは健康増進や趣味の選択肢が増えエンターテイメントも新たなジャンルを開拓しオレみたい人間が生活してける希望が出来たこと







悪いことは目的もなく何となくやる人が増えたこと、みんながやるから自分もみたいな
さらに指導者も沢山いる世の中でなぜその先生に習ってるのかジャンルすら分からない人が増えたこと







EDCはフィットネスクラブのような綺麗な受付も化粧室もシャワーもない
住宅街にある小さな空手道場みたいなところ
だからといって内容をバカにされては困る
日本のヒップホップを創世記からこの体で味わったリアルヒップホップを伝えてる






生徒はもちろんだか、指導者にもモチベーションは必要だ
生徒が年配の場合日々汗かいて笑顔になってくれるだけで十分!
若い子の場合毎回上手くなって人前で披露してくれること!
これが指導者としての目標であり喜び
そのための場として発表会がある








これから発表会の振り付けが本格化するが出演する人しない人とでは熱の入れようは変わる
受験する子と推薦で進学が決まってる子みたいな
作品として人様の前に出す以上責任があるし来てくれた人に喜んでもらいたい
それぞれの個性やチームのカラーを生かした選曲から振り付けで頭いっぱい
だから指導に熱もこもるし厳しくもなる
そして名前も覚えるw







発表会出る人は普段以上練習するから終わると確実に進化する
ただどこまで本気で取り組むかは個人差がある
だから言う
恥ずかして見られたくない人を呼べ
その人に見せること考えたら必死にやるはず
誰も呼ばないでコソコソ自己満足で踊ってるうちはダンサーではなくごっこ
言わなくても将来のこと考えてダンスしてる子はたくさん人呼んでるしファンも多い









さぁそんななか今日も出張レッスン
外部の見知らぬ中学生達だが秋に発表がある
モチベーションは十分!
こちらもがんばろう!

【2018.05.13 Sunday 12:22】 author : 人参大臣
| ダンス | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.e-j-c.com/trackback/1522033
トラックバック