ワイン大好きソムリエダンサー人参大臣のギリギリの生活をあることないこと織り交ぜながら配信中♪オフィシャルサイトe-j-c.com
 
<< やるのか? | main | 発表会エントリー >>
生徒?弟子?
EDCに入会して8年?活躍してくれた生徒?弟子?がこのほど辞めて田舎に帰る事になった。







急な話で次の準備もできておらず現場の混乱は必死だがそれはさておき、夢追って上京してダンス頑張ったコが自分より先に区切りをつけるのは複雑な気持ちだ







そもそも生徒と弟子は違う
生徒はお客さん的な感じ。
たまたまクラスが近かったからとかEXILEが好きだからとかの理由で入って来てくれた人。
そんな子たちがやがて本気に取り組み始めたり、俺の元で学んでみたい、プロになりたいと思うようになってきて信頼関係ができてくると弟子。
弟子にはその世界で生きていけるよう、知ってる事や経験は出来るだけ伝えたいと思う。
それはダンスだけではなく生活や人間関係にいたるまで。
そのぶん口うるさくもなるしキツくあたることもある。
それも本人のためを思ってのこと。
けどこっちが弟子と思っても本人が生徒だと思ってると効果はないw







オレも先生?師匠の立場になって逆にHIROさんやNAOYAさをに怒られたことを思い出す。
そのたびに学ぶことがあった。







ただ出来ることには限界がある。
もちろん運もあるけど、みんなが思ったようなダンス人生を送れるわけではない。
特にダンス人口が増えた現在では上に立てるのは一握り。 それは誰の弟子でも同じだろう。








今回はインストラクターというポストを用意して後進の指導をお願いしたが本人の個性ともマッチしていたと思う。








この世界から1度退いてもダンスは一生できる。
みんながEXILEやケントモリでなくてもダンスの仕事はできる。
それは俺が証明してる。








また何年かして戻ってきてもいいし田舎でEDC支部やってくれてもいいしダンスは続けてくれるといいと思う






EDCに入って良かったと少しでも思ってくれれば責任の一端は果たせたかと思う





頑張れ!みんな
【2017.04.17 Monday 16:20】 author : 人参大臣
| ダンス | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.e-j-c.com/trackback/1521846
トラックバック